三井住友銀行カードローン審査

MENU

三井住友銀行カードローンの返済方式と返済方法

カードローンを利用する前には、「返済方式」「返済方法」の2点も必ず確認するようにしましょう。

 

「返済方式」とは毎月の返済金額がどのように決定されるのかということです。同じ金利、同じ借入金額でも返済方式が異なると、毎月の返済金額が異なることもあります。「返済方法」とは、毎月の返済をどのように行うのかということです。

 

返済方法

自分に合った方法を選ぶようにしないと、余計な手間や費用負担が発生することもあります。借入前にはどうしても「借りなければいけない」という気持ちが強く働きます。そのために返済についてあまり考えないまま、商品を選択してしまうかもしれません。

 

実際に借入した後「こんなはずではなかった」と後悔しないためにも、しっかりと返済についても考えて申込先を選ぶようにしましょう。

 

三井住友銀行カードローンの返済方式

三井住友銀行カードローンの返済方式は「残高スライド方式」です。

 

「残高スライド方式」とは借入残高に応じて返済額が段階的にスライドしていく方式で、現在のカードローンの返済方式でも主流となっているものです。基本的には借入残高が増えるに従い、毎月の返済額が増えていくことになります。

 

「残高スライド方式」は毎月の返済金額をある程度抑えることができまが、その分返済期間が長期化し、返済総額(利息総額)が増えてしまうこともあります。余裕があるときには繰上返済などを活用し、なるべく早期に返済することを考えるようにしましょう。

 

三井住友銀行カードローンでは、約定返済時点での借入残高に応じて、返済金額が次のように決定されます。

 

借入残高50万円以下 返済金額10,000円
借入残高50万円超100万円以下 返済金額15,000円
借入残高100万円超150万円以下 返済金額20,000円
借入残高150万円超200万円以下 返済金額25,000円
借入残高200万円超250万円以下 返済金額30,000円
借入残高250万円超300万円以下 返済金額35,000円
借入残高350万円超400万円以下 返済金額45,000円
借入残高400万円超450万円以下 返済金額50,000円
借入残高450万円超500万円以下 返済金額55,000円
借入残高500万円超600万円以下 返済金額60,000円
借入残高600万円超700万円以下 返済金額65,000円
借入残高700万円超800万円以下 返済金額70,000円

 

三井住友銀行カードローンの返済方法

返済日は、毎月「5日」「15日」「25日」「月末」から選択することになります。自分の都合(特に給料日!!)を考慮しながら自分にあった返済日を選ぶようにしましょう。

 

ATMでの返済

 

ローン専用カードを利用できるATM

  • 三井住友銀行本支店ATM
  • イーネットATM、ローソンATM、セブン銀行ATM
  • ゆうちょATM

 

普通預金キャッシュカードを利用できるATM

  • 三井住友銀行本支店ATM
  • イーネットATM、ローソンATM、セブン銀行ATM

 

基本的に手数料は無料がうれしいポイントです。消費者金融などでは提携先ATM使用料が108円~210円程度発生することを考えると、大きなメリットといえるでしょう。ただし、ATMにより稼働時間帯などが異なりますので注意しましょう。

 

振込での返済

SMBCダイレクト(インターネットバンキング)を使って、カードローン口座への振込で返済します。振込の際の振込手数料の負担が発生しますので注意しましょう。

 

口座振替での返済

手数料は発生しませんが、三井住友銀行の口座に限ります。あらかじめ指定した返済用預金口座から、毎月自動的に引落されます。約定返済期日までにカードローン口座へ入金がなかった場合、カードローンの返済用預金口座より借入残高に応じた約定返済金額を自動引き落としにより返済します。

 

返済用預金口座の残高が約定返済金額未満の場合はその残高を引落されますが、以後の追加借入ができなくなりますので注意しましょう。