三井住友銀行カードローン審査

MENU

銀行カードローンの特徴

カードローンは様々な金融機関が商品化しています。最近ではIT企業などもカードローン分野に参入しており、ますます競争が激しくなっています。

 

カードローンの利用を検討した場合、その選択先としては一番に「銀行」が挙げられるのではないでしょうか。普段の生活でも利用する機会の多い銀行ですので、窓口に足を運んだ際にカードローンのパンフレットなどを手にされて利用を考える方もたくさんおられるでしょう。

 

三井住友銀行カードローンのポイント

 

はたして銀行カードローンの特徴はどのような点なのでしょうか。


金利が低い

銀行カードローンの特徴として「低金利」を真っ先に挙げることができます。銀行では顧客のお金を「預金」として預り、その資金をカードローンをはじめとする「貸金」として運用することができます。圧倒的な資金量を背景にした低金利が可能なのです。

 

消費者金融などの他の金融機関では、自社の利益や調達範囲内で貸出を行う必要があります。調達コストなどが発生する分、金利を高めに設定しなければいけません。

 

最近では「ネット銀行」のカードローンが非常に低金利として人気を集めています。ネット銀行には、基本的に有人店舗が存在しません。その分人件費や店舗管理費などを削減できますので、低金利のカードローンの提供が可能になっています。

 

高額借入が利用できる

豊富な資金量は、そのまま高額融資が提供可能ということにつながっています。消費者金融などのカードローンの最大限度額は「500万円」が標準的です。これに対し銀行カードローンは「800万円」が標準といわれています。なかには「1,000万円」を超えるカードローンも登場しています。

 

銀行カードローンは、改正貸金業法の「総量規制」の対象外です。「年収の3分の1以上」という借入制限を受けません。この点も条件次第で高額融資も可能な理由のひとつとなっています。

 

審査基準が厳しい

もちろん誰もが高額融資を受けることができるとは限りません。銀行カードローンは、利用者のお金を貸金として運用している以上、審査基準は厳しくする必要があります。お客様の大切なお金を預っていますので、その分審査基準を厳しくして、返済不能者をなるべく抑える必要があるのです。

 

これまでの銀行では「担保主義」という考えがありました。返済能力が不足していても、借入金額に十分な不動産などの担保が準備できれば、その担保を回収して返済に充てることができる、という考えの元、無理な融資を行っていました。ところがバブル経済の崩壊で不動産価格が急落した結果、回収不能となったいわゆる「不良債権」が銀行経営を大きく悪化させてしまったのです。

 

現在では不良債権問題も一段落していますが、同じ過ちを繰り返すわけにはいきません。世間の目が光っていることから、基本的に無担保のカードローンであっても、審査基準を厳しくしできるだけ返済不能となるリスクを世間体からも避ける必要があるのです。

 

審査時間が必要

審査基準が厳しい分、審査時間も必要となります。多くの消費者金融が「即日融資」を宣伝している反面、銀行カードローンでは数日間、長い先で1週間以上も必要となる先もあります。最近ではネット銀行を中心に「即日融資」を宣伝している銀行カードローンも登場していますが、全体的にまだまだスピード面では改善を期待したいところです。