三井住友銀行カードローン審査

MENU

カードローンとは?

「ちょっとしたお金の不足にカードローン!!」

 

このような宣伝を見かけたことはありませんか?様々な金融機関がカードローンを商品化して、激しい顧客獲得競争を繰り広げています。

 

はたしてカードローンとは、どのような商品を指すのでしょうか?

 

カードローンとは?

カードローンとは

カードローンとは、文字通りカードを使ったローンのことをいいます。金融機関での審査に合格すると、借入に利用できるカードが発行されます。そのカードを使用して、ATMやCDで現金を引き出すことでお金を借りることのできるローンがカードローンです。

 

  • ATMとは「現金自動受払機」のことで、現金の入金・出金の両方を取扱できます。
  • CDとは「現金自動支払機」のことで、現金の出金は可能ですが現金の入金はできません。

カードローンでは借入したお金の返済でもカードを使用できますが、ATMでは返済できますがCDではできないということになります。

 

最近では借入にカードを使用しないサービスが付加したカードローンも登場しています。指定した金融機関への口座振込による借入サービスのことです。電話やインターネットからの申込で、早ければ瞬時に振込が完了しますので、非常に便利です。中にはカードレスタイプのカードローン(?)も登場しており、様々なサービスが開発されています。

 

カードローンには借入可能な借入限度額が設定されます。

 

一度借入限度額いっぱいまで利用しても、その後の返済により借入限度額に空き枠が生じれば、その空き枠の範囲内であれば何度でも追加借入を利用できます。

 

また借入したお金の使い道(資金使途)は特段制限されません。生活費の足し、旅行費用、趣味のための資金など、利用者の裁量内で様々な用途に使用することができます。

 

ただし競馬やパチンコなどのギャンブルや、株式投資などの投機性資金としての利用は禁止されています。またカードローンは基本的に個人ローンですので、会社や個人事業主などの事業資金としての利用も基本的に不可となっています。

 

万が一資金使途違反が発覚した場合、即座に一括返済を請求されるだけでなく、契約違反として違約金を要求されることもあります。また返済が不可能になり自己破産などの債務整理手続きでは、資金使途違反の借入は免責事項に当てはまり、借金が整理できないこともありますので注意しましょう。

 

カードローンとキャッシングの違い

カードローンと同じ個人ローンとして「キャッシング」というものがあります。この両者の違いが返済方法にあることをご存じでしょうか?

 

「キャッシング」は基本的には一括返済を行います。借入したお金は翌月の返済日に、それまでの利息を合わせて一括で返済します。

 

一方「カードローン」は基本的に分割返済の商品です。借入したお金は毎月の返済日(約定日)に、それまでの利息を計算して分割で返済します。

 

ところが最近ではこの違いが非常にあいまいになっています。「キャッシング」と名のつく金融商品でも分割返済が可能になっています。利用する側としては、名称の違いにとらわれることなく、商品自体の特徴をよく理解して利用するようにしましょう。